« アップルフェア開催中! | トップページ | 梅ヶ枝餅☆ »

中洲とJAZZとソフトクリーム、そしてジルデコ。

1641_3

9/13(土)、「中洲JAZZ 2014」2日目。

仕事帰り、足早に中洲へ。

 

PM8:45

まずは我が福岡サンパレスが誇るケーキショップ「hotel patisserie ufu」に立ち寄る。

予想通り多くのお客さんで賑わっており、スタッフの方々も忙しくされているところ、ufu特製のソフトクリームをGet。(ufuスタッフのみなさん、ありがとうございました!)

 

ufu特製のソフトクリームは今年の夏より販売を開始。

北海道産の牛乳を使用したオリジナルブレンドのクリームは濃厚、さらに上品な甘さと、女性には嬉しいコラーゲン入りで一個¥400の価値は十分にあり!

これからの季節でも美味しくいただける、おすすめの一品。中洲に来た時はぜひ一度ご賞味を。

 

さてさてソフトクリーム片手に、一口一口しっかりと味わいながら会場のイエローステージ到着。

 定番なイメージで言えば「JAZZには、お酒」でしょうが、秋の涼やかな夜風に抱かれて、お酒ではなく“ソフトクリーム”を食すのもかなり乙。

(※画像ではその夜風にあおられ若干溶け気味に写っており、本来の美味しさが伝わるのか心配…)

1631_3

 

JAZZのフォーマットに“自由な表現”という側面があるならば、「JAZZには“ソフトクリーム”」も決してそこから逸脱したものではないのでは?と勝手に納得しつつ、いよいよ今回のお目当てJiLL-Decoy associationが登場。

 

 PM9:00

 1曲目はジュリア・フォーダムの名曲「Happy ever after」をラテンフレイバー漂うカバーで軽快にスタート。

 

JiLL-Decoy association、愛称「ジルデコ」は今年で結成12周年、ヴォーカル・chihiRoさん、ギター・kubotaさん、ドラム・towadaさんのスリーピース・ジャズ・バンド。

しかし直球のジャズではなく、ファンクやロックにRB、そしてポップスなどの要素を多分に散りばめており、ハイセンスさと高い演奏力に裏付けされたグルーヴ感がこの上なく心地よい。

その音楽性を一言で表現すると「粋」。

 

2曲目は代表曲の一つであろう「ドレスを着る前に」をヴォーカルのchihiRoさんが情感たっぷりに歌い上げる。―

 

 PM9:40

テンション最高潮な中、最後の曲は疾走していく感じが堪らない「上質サボタージュ」。

途中、サビの〝悪びれることもなく〟というフレーズを大勢の観衆とコール&レスポンス。なかなかの鳥肌もの! ラストを飾る熱い一曲で締め。

 

そして中洲という夜の町の喧騒にJAZZの音像が消えて行き、そしてまた来年新しくも素敵なJAZZの音と巡り合えることを祈りつつ、家路へ。

 

予約課のModでした。

 

[ おまけ ]

 全国のジルデコファンのみなさまへ、この日のセトリです(笑)。

1・Happy ever after

2・ドレスを着る前に

3・Take on me  (a-haの曲をしっとりとカバー)

4・I say, (切な系バラード、感動。)

5・光のこどもたち (最新の曲、楽しげなスカで盛り上がる!)

6・上質サボタージュ

|

« アップルフェア開催中! | トップページ | 梅ヶ枝餅☆ »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091414/57372158

この記事へのトラックバック一覧です: 中洲とJAZZとソフトクリーム、そしてジルデコ。:

« アップルフェア開催中! | トップページ | 梅ヶ枝餅☆ »